期間

2019年6月22日~26日

会場

京都大学 百周年時計台記念館

- Important Information -

ポストコングレスツアー

受付終了いたしました

詳細
要旨提出

受付終了いたしました
4月15日が期限です

詳細
大会参加登録・ワークショップ

受付中です

詳細
開催にあたって

第14回国際環境エンリッチメント会議(通称ICEE KYOTO 2019)が行われます。京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院(PWS),京都市動物園,公益財団法人日本モンキーセンター,SHAPE-Japan及びCET-Bioの共催です。環境エンリッチメントに関するこの国際会議は,1993年に第1回目がオレゴン動物園で行われてから,2年に1回開催されています。第14回目となる今回は日本で初めての開催になります。

今回のテーマは” Learning from the Wild: Animal Welfare, Conservation and Education in Harmony”(日本語訳:野生から学ぶ~動物福祉・保全・教育の調和を目指して~)。環境エンリッチメントに関わる仕事をしている方々はもちろんのこと,野生生息地の研究者,教育や保全に関わる方々など様々な分野の方々が集まって,環境エンリッチメントやアニマルウェルフェアについて考える機会にできればと思っています。シンポジウムや一般の口頭・ポスターセッションに加えて,京都市動物園でのエンリッチメントワークショップや,会議後のコングレスツアーなど,たくさんのイベントを企画しています。

多くの方に参加いただけるように願って,1日単位での参加も可能なように,参加費を設定しました。日本でも多くの興味深い取組が日々行われています。ぜひそうした成果をご発表いただく機会にしていただければと思っております。ぜひ,ご参加ください。

京都のホテルはすぐに埋まってしまいますので,早めの確保をよろしくお願いします。

言語について

言語について:発表は英語で行われますが、招待講演者の発表スライドには日本語をつける予定です。また、公式ワークショップやポスター発表の際には、言語の補助ができるスタッフを数名配置する予定です。

発表について
要旨提出は受付終了いたしました。
こちら( 要旨送付フォームを開く )より参加登録および要旨の送付をお願いします。 こちらに登録方法についてまとめたファイルをアップロードしてあります。

また、要旨は英語で作成いただきますが、英文のネイティブチェックを受けるための校閲業者はたくさんあります。下記にいくつか記載しましたので、ご参考になれば幸いです。
英文校閲業者の例:
enago https://www.enago.jp/
editage https://www.editage.jp/getquote.html
Textcheck http://www.textcheck.com/text/page/index


発表のタイプ
口頭発表(Oral presentation)およびポスター発表(Poster presentation)に加えて,短報(Rapid Communication)のセッションを設けます。 短報(Rapid Communication)セッションの要綱は下記になります。
  • 5分で活動紹介をしてください。
  • 短い映像を制作したりやスライドを用いて,日ごろ行う取組の中で見つけた動物の興味深い行動や,発明したエンリッチメントデバイスについて紹介してください。
  • 誰もがわかるシンプルな英語の使用をお願いします。
  • このセッションのみの発表も可能ですし,ポスター発表と組み合わせて,ポスター発表の紹介という位置づけでも大丈夫です。このセッションのみの発表の場合は登録サイトのRapid Communicationをお選びください。ポスター発表の紹介という形で,ポスター発表と同じ内容で発表を行う場合は,Rapid Communication and Posterを選択してください。
  • 質疑応答の時間はありません。

参加にあたって出張依頼書をご入用の方は,事務局(iceekyoto2019[at]iceekyoto.org)までお問合せください。

18歳以下の高校生及び中学生のご参加も受け付けています。事務局まで直接お問い合わせください。

ワークショップ

公式ワークショップの参加登録を開始しました!
6月25日に、2種類のワークショップを行います。人数に限りがありますのでどちらかを選んでいただくことになります。 こちらのワークショップに参加する場合にはICEE2019への参加登録(少なくとも6月25日)が必須となりますのでご注意ください。 最大人数に達したら、申し込みを締め切ります。参加受付が済んだ方にはメールをお送りしますので、2‐3日たってもメールが届かない場合は事務局までお問合せください。

ワークショップ申し込みフォームを開く

①正の強化トレーニングワークショップ
What is scientific training? ~the basic applied behavior analysis (ABA) and its application~
・場所:京都大学時計台
・時刻:13時~18時(休憩含む)
・最大人数:60名
・内容:専門家の講演の後に、グループワークを行います。

受付終了 ②環境エンリッチメントワークショップ
Practical tips for creative enrichment: we are happy and we wear happi!
・場所:京都市動物園
・時刻:13時~17時
・最大人数:30名
・内容:専門家の講演の後に、グループワークを行い、環境エンリッチメントを参加者で製作します。

協賛企業
合資会社明音堂
トビー・テクノロジー株式会社

企業ブースなどの展示も受け付けています。事務局(iceekyoto2019 [at] iceekyoto.org)まで直接お問い合わせください。
SNSおよびお問い合わせ先
   

ICEE2019 Ad

The Cognitive Tradeoff Hypothesis (Mind Field Season 3 Episode 1)
[See also] Article about Tradeoff Theory (PDF): Matsuzawa (2009): Current Opinion in Neurobiology